2022年11月10日

二級ボイラー技士 2022

2022年11月10日 木曜日

・煙管ボイラー
  胴のボイラー水の中に多数の煙管を通し、そのなかに
  燃焼ガスを通すことによって、伝熱面積を増加させたものです。
  外炊き式と内炊き式があります。
  さらに外炊き式のものは燃焼室の設計が自由にできるため、
  燃料の選択範囲が広いという特徴があります。
posted by ぬまちゃん at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記